バレエ アカデミー・コンチェルトの歴史

東京都文京区にて“原 麻衣子 ジュニアオープンクラス”を始める。
5年間で126名の生徒が集まる。

2001年

埼玉県鶴ヶ島市にて“バレエ アカデミー・コンチェルト”(BAC)創立。

2006年

「第1回発表会」を行う。 以降、毎年(年に1回)発表会を行う。
◎BACは、沢山の創作作品において、個々を活かした演目、お客様に楽しんで頂ける演目を上演。同時に「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「シンデレラ」「パキータ」etcの古典作品、「コッペリア」「ラ・フィユ・マル・ガルデ」などのコミックバレエを分かり易い演出で上演している。他、「レ・シルフィード」などのロマンティックバレエにも挑戦し、上演。

2007年4月

「5周年記念発表会」では 本多 実男先生らをゲストに迎え「ドン・キホーテ・全幕」を上演。(一部分抜粋)

2011年5月

「10周年記念発表会」では 西野 隼人先生らをゲストに迎え「白鳥の湖・全幕」を上演。(一部分抜粋)
◎この会より、劇場をウェスタ川越 大ホールに移し、毎年1700席の客席を満席にする盛大な発表会を行っている。

2016年5月

BAC毛呂山支部開校

2016年10月

BACふじみ野支部開校

2016年11月

BAC友の会発足

2017年5月

プリンシパルコンペティションTVの舞台において、アトリエヨシノさんからの依頼により作品を発表。

2017年9月

初の試みである「BAC卒業生凱旋発表会」を行い、「ライモンダ 第3幕」を上演。
この会では 鶴ヶ島市、鶴ヶ島市教育委員会の後援を得る。

2018年4月

「ラ・バヤデール」より幻影の場を上演。

この会では 川越市、川越市教育委員会、鶴ヶ島市、鶴ヶ島市教育委員会、ふじみ野市、ふじみ野市教育委員会、朝日新聞さいたま総局、読売新聞さいたま支局の後援を得る。

現在、2020年3月の生オーケストラによるプレミアム発表会に向け準備を進めている。

2019年5月

新井 咲子先生による特別レッスンや、下村 由理恵先生による舞台リハーサル、主宰者による講習会などを行う。

又、例年12月に行われる(公社)日本バレエ協会公演(冬季定期公演)に作品を発表。その他、骨髄バンクのチャリティ公演にも積極的に参加している。
現在、鶴ヶ島本部を軸に、各支部共に発展中。

バレエアカデミー・コンチェルト
〒350-2205 埼玉県鶴ヶ島市松ヶ丘1-9-21
TEL&FAX 049-287-2379

無断引用・掲載禁止

Copyright© Ballet Academy Concerto All Rights Reserved.